地方分権下における小規模園芸農民組織強化・振興プロジェクト(SHEP PLUS)

(Smallholder Horticulture Empowerment and Promotion Project for Local and Up-scaling(SHEP PLUS))

【写真】プロジェクトの様子

国名
ケニア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2015年3月〜2020年3月
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

一人平均で0.5ヘクタールほどの圃場を持つとされるケニアの小規模農家は、農業生産の主な担い手であり、園芸作物(花卉、野菜、果物等)の8割は小規模農家によって生産されています。「作ってから売る」から「売るために作る」農業への転換を図るSHEPアプローチは、ケニアから始まり、研修を受けた小規模農家グループの園芸作物所得増という成果を確認してきました。SHEP PLUSでは、2013年の地方分権以後、農業行政の主体となる地方政府がSHEPアプローチを活用した農業普及を継続実施していくための支援をしています。ビジネスとしての農業推進と農家のやる気を引き出す普及手法がケニアで拡大していくことが期待されます。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報