ネパールヒマラヤ巨大地震とその災害軽減の総合研究

(The Project for Integrated Research on Great Earthquakes and Disaster Mitigation in Nepal Himalaya)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ネパール [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2016年7月〜2021年7月
事業
技術協力
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

ネパールは大陸プレート衝突帯に位置しており、巨大地震の発生という地質学的なリスクがあります。過去に大地震がたびたび発生して被害が出ており、2015年4月のネパール・ゴルカ地震では、約9千人の死者と住宅6万棟が全壊するという被害がありました。首都のあるカトマンズ盆地周辺の地震発生リスクは依然よりも高まっているといわれるため、今後更に大きな被害をもたらす可能性がある地震に備え、対策を行うことが重要となっています。この協力は、日本の知見を活用し精緻なハザード(危険要因)分析を行うことで、今後の地震対策及び防災・減災に貢献します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報