持続可能な保健人材開発・質保証制度整備プロジェクト

(Project for Sustainable Development and Quality Assurance of Health Care Professionals)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ラオス [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2018年7月〜2023年7月
事業
技術協力
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

ラオスにおける保健人材は、世界保健機関(WHO)がSDGs達成に必要と定義する数値に達しておらず(人口千人あたり4.45人のところ0.8人(2013年時))、全国的に人数が不足し、また首都と地方間では格差がある状況です。加えて、保健人材の質を保障するための免許制度や教育機関におけるプログラム、卒後教育の内容が未整備であることなどから、卒業生の能力にばらつきが生じており、改善が急務となっています。この協力では、より良い保健サービスを提供するため、医師・助産師・看護師といった医療従事者の免許制度を整備し、特に看護師の国家試験の導入を支援するとともに、研修実施体制を改善することにより、保健人材の質の向上を図ります。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報