イネ保証種子流通促進プロジェクト

(The Project for Improvement on Accessibility of Rice Certified Seed)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ミャンマー [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2017年10月〜2023年4月
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

ミャンマーの農業はGDPの27.9パーセント(同国中央統計局2014年度)を占める重要セクターです。中でも米は重要な穀物で、生産性および品質の向上が課題となっています。その取り組みのひとつとして、同国政府は、イネ優良種子の増殖普及を行い「品質の保証された種子」(CS)を供給する体制を構築しています。しかし、「CS」の供給量は、いまだに1〜2パーセント程度です。この協力では、エーヤワディおよびサガイン地域シュエボー郡において、CSの生産・活用促進ため官民連携強化、CS圃場審査・生産技術普及を担う普及員および圃場職員の能力強化、CS生産物審査の効率性向上、CS需要喚起のため啓発活動を支援します。これにより、対象地域におけるCS流通量の増大を図り、米の生産性向上及び品質向上に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報