CAMP/IDMP実施能力強化プロジェクト

(Project for Capacity Development for the CAMP/IDMP Implementation)

【写真】プロジェクトの様子

国名
南スーダン [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2017年8月〜2021年12月
事業
技術協力
課題
農業開発/農村開発

プロジェクトの紹介

南スーダンは、国家歳入の約9割を石油に依存していますが、石油生産が不安定なこともあり慢性的な財政赤字を抱えています。一方で同国は、豊富な降雨量と広大で肥沃な湿地帯やナイル等の河川を有しているため、農業セクターは、将来的に石油の代替産業として経済を牽引することが期待されています。この協力では、過去にマスタープランの策定(「包括的農業マスタープラン(CAMP)」、「灌漑開発マスタープラン(IDMP)」)を通じて能力強化を図った関係省庁に対し、主体的に事業を実施できるよう支援することで、更なる行政能力強化を図ります。また、同国ではかねてより牧畜民間の紛争が横行しており、この紛争に配慮した公共サービス提供のためのガイドラインの策定を行います。これにより、関係省庁の事業実施能力の強化に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報