マタバリ超々臨界圧石炭火力発電事業(5)

(Matarbari Ultra Super Critical Coal-Fired Power Plant (5))

【写真】プロジェクトの様子

国名
バングラデシュ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
2019年6月
事業
有償資金協力
借款契約額
1431.27億円
課題
資源・エネルギー

プロジェクトの紹介

バングラデシュでは、近年の経済成長や工業化の進展に伴う電力需要の急増に電力供給が追いついておらず、供給能力は需要の約7割に留まっています(出典:バングラデシュ電力開発庁2018年)。加えて、主要なエネルギー源である国内天然ガスの産出量は限界に達しており、2018年からは液化天然ガス(LNG)を輸入していますが、エネルギー安全保障上、国内天然ガスに代わる新たなエネルギー源確保が重要な課題です。この協力は前フェーズに続き、バングラデシュ南東部チッタゴン管区マタバリ地区の高効率の超々臨界圧石炭火力発電所と石炭輸入用港湾、送電線等を建設し、これにより同国における電力需要の急増やエネルギー転換ニーズに対応するものです。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報