マタバリ超々臨界圧石炭火力発電事業(2)

(Matarbari Ultra Super Critical Coal-Fired Power Project(2))

【写真】プロジェクトの様子

国名
バングラデシュ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
2016年6月
事業
有償資金協力
借款契約額
378.21億円
課題
資源・エネルギー

プロジェクトの紹介

バングラデシュでは近年の著しい経済成長や工業化の進展に伴い、電力供給が追いついておらず、現状は需要の約9割に供給がとどまっています。一方、電力需要は年率9.3パーセントの増加が見込まれるにもかかわらず、主なエネルギー源である国内天然ガスは、2017年をピークに算出量が減少する見込みで、電力供給の増強およびエネルギー源の多様化が課題となっています。この協力(第2期)では、バングラデシュ南東部チッタゴン管区マタバリ地区に定格出力1,200メガワット(600メガワット×2基)の高効率の超々臨界圧石炭火力発電所を建設することにより、同国における電力需要の急増に対処するとともに、温室効果ガスの排出を抑制します。これにより、同国における経済全体の活性化及び気候変動の緩和に寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報