ジャワ南線複線化事業(3)

Railway Double Tracking on Java South Line Project(3)

終了案件

国名
インドネシア
事業
有償資金協力
課題
運輸交通
借款契約(L/A)調印
2008年3月
借款契約額
188.19億円

プロジェクト紹介

インドネシアのジャワ島は、道路輸送に著しく依存しており、渋滞や環境負荷の増大などが発生しています。このため、輸送手段を鉄道へシフトし、輸送の効率化を図ることが課題となっています。この協力(第3期)では、中部ジャワに位置するジャワ南線のチルボン~クロヤ~クトアルジョ間の複線化のための土木・軌道・橋梁の工事や、信号通信設備の整備などを支援します。これにより、同国の輸送需要増加への対応を図り、同地域の投資環境の改善および経済発展に寄与します。

協力地域地図

ジャワ南線複線化事業(3)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 新設軌道・鉄橋を走る近郊列車 

  • 修復された在来線軌道(右)と新設軌道 

  • ジョグジャカルタ駅中央制御センターのCTC装置(列車集中制御装置装置) 

  • プランバナン・エクスプレス号(PRAMEX号)女性用車両。PRAMEX号は、本事業実施後に運行開始したジョグジャカルタ近郊列車。 

  • この協力で整備したクトアルジョ駅 

関連情報