保健医療サービスの質改善プロジェクト

 英語

(1)当該国における保健セクターの開発実績(現状)と課題
ラオス国(以下ラオス)に対してはこれまで母子保健を中心とした技術協力、無償資金協力、有償資金協力を実施してきており、5歳未満児死亡率(/出生 1,000)の指標は、170(1993年)から79(2011年)に、また妊産婦死亡率(/出生 100,000)は、796(1995年)から220(2013年)まで大幅に改善した。しかし、依然として他の東南アジア諸国に比べて低い水準であるため、支援を継続していく必要がある。
またラオスは2025年までのユニバーサル・ヘルスカバレッジ(UHC)達成を掲げており、UHCの達成のためには、…

更新情報

2021年2月18日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2021年1月25日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2020年11月27日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2020年10月19日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2020年9月14日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
ラオス
課題:
保健医療
署名日:
2015年9月14日
協力期間:
2016年2月21日から2021年2月20日
相手国機関名:
保健省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。