リロングウェ市無収水対策能力強化プロジェクト(LiSCaP)

マラウイの首都リロングウェ市では、人口増加や施設の老朽化・施工不良による漏水などから需給バランスが悪化し、一日当たりの給水時間が低下しています。また、漏水、水道メータ誤検針や違法接続など、料金請求対象とならなかった水の割合(無収水率)が高く、既存水源水量を最大限効率的に活用するためこの削減が大きな課題でした。本事業では、1)中長期ローリングプラン策定と実施、2)パイロット活動を通じた実施能力の向上及び給水サービスの改善、3)関係者との知見共有と住民の理解・協力促進のための啓発活動を通して、リロングウェ水公社(LWB)が、持続的な無収水率低減が可能となる能力向上をサポートしています。

更新情報

2021年4月30日
プロジェクトニュース」、「資料集」を更新しました。
2021年2月9日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2021年1月19日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2021年1月12日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2020年12月11日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
マラウイ
課題:
水資源・防災
署名日:
2017年8月25日
協力期間:
2019年6月21日から2023年7月20日
相手国機関名:
リロングウェ水公社

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。