国税庁徴税機能強化及び国際課税取組支援プロジェクトフェーズ2

1990年に社会主義体制から市場経済に移行した後、モンゴル国は近代的な徴税システムを導入した。1993年に一般税法が成立されることにより、国税庁は徴税制度の基盤を整備し、税収を上げることを主な目的として掲げてきた。モンゴル税務分野に対するJICAによる技術協力は1998年から約10年間以上ににわたって実施されてきた中でモンゴル国税庁は歳入額の増加を測るための現在の税制を構築した。国税庁はモンゴル国財務省の実施機関であり、2014年時点で税務職員数は1849人となっており、付加価値税、個人及び法人所得、特別税及びその他税を含む26税目を取り扱っている。
2014年現在、税収は国家歳入の8…

更新情報

7月8日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
6月14日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
4月3日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
3月5日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
1月31日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
対象国:
モンゴル
課題:
経済政策
署名日:
2016年11月28日
協力期間:
2017年1月22日から2020年1月21日
相手国機関名:
国税庁

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。