森林保全及びREDD+メカニズム能力強化プロジェクト

ペルー共和国(以下「ペルー」)の国土は大きく3つの地形に分けられ、西部沿岸部の乾燥地域、中央部のアンデス山脈が連なる高地、そして東部の熱帯地域からなっており、それぞれに固有の貴重な自然を有している。中でも熱帯地域は世界最大の熱帯林を有するアマゾン川流域に属し、アマゾン熱帯林の中でペルーはブラジルに次ぐ第二位の67,992千ha(FAO FRA2010)の熱帯林を有し、地球温暖化の原因とされている温室効果ガスの吸収源としても大きな役割を果たしている。しかしながら、近年では違法伐採や、入植による農地への転換など、適切な管理計画に基づかない森林伐採をはじめとする生産活動により森林面積の減少が続き、年…

更新情報

5月16日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
5月14日
プロジェクトホームページを新規開設しました。
対象国:
ペルー
課題:
自然環境保全
署名日:
2015年9月30日
協力期間:
2016年3月22日から2020年3月21日
相手国機関名:
環境省国家森林保全・気候変動プログラム(PNCB/MINAM)、農業灌漑省・森林局(SERFOR/MINAGRI)

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。