ハトロン州母子保健システム改善プロジェクト フェーズ2

タジキスタンは、妊産婦死亡率が44/10万出生とキルギスやトルクメニスタンに次いで高く、また、5歳未満児死亡率は47.7/1000出生、乳児死亡率は40.9/1000出生、新生児死亡率は21.9/1000出生、中央アジアでは、トルクメニスタンに次いで高い(World Health Statistics 2015)。

国内で最も人口の多い州であるハトロン州は、1990年代の内戦の影響で医療従事者の流出や医療施設インフラの悪化等により、深刻な医療サービス提供能力の低下に見舞われ、その結果、2012年の人口動態保健調査(DHS)によると5歳未満児死亡率が61/1000出生、乳児死亡…

更新情報

10月10日
プロジェクトホームページを新規開設しました。
対象国:
タジキスタン
課題:
保健医療
署名日:
2016年11月18日
協力期間:
2017年8月1日から2021年7月31日
相手国機関名:
保健社会保護省母子・家族保健計画局(タジキスタン全体の母子保健システム管理) ハトロン州政府保健局(ハトロン州の保健システム管理)