Thailand4.0を実現するスマート交通戦略

 英語 タイ語

私たちは車で移動するなど日常生活でエネルギーを使い、温室効果ガスを排出しています。温室効果ガスが増えると地球温暖化が進み、私たちの生活を脅かす恐れがあります。温室効果ガスを減らし、住みやすい低炭素社会を実現することは、世界が協力して取り組む地球規模課題の一つと言えます。タイの首都バンコクは、経済成長に伴い人口が増え、自家用車も増え、交通渋滞が起き、空気が汚れ、温室効果ガスの増加も深刻な問題です。このような課題を解決するため、タイと日本の研究機関が、地球規模課題対応技術協力(以下SATREPS)『Thailand4.0を実現するスマート交通戦略プロジェクト』を実施しています。

更新情報

2022年3月31日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2022年2月10日
プロジェクトニュース」、「ニューズレター」を更新しました。
2021年11月12日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2021年7月20日
プロジェクトホームページを新規開設しました。
対象国:
タイ
課題:
都市開発・地域開発
署名日:
2018年1月30日
協力期間:
2018年6月1日から2023年5月31日
相手国機関名:
タマサート大学、カセサート大学、チュラロンコン大学、アジア工科大学院、国立電子コンピュータ技術研究センター

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。