理事長あいさつ・活動内容

ごあいさつ

【画像】現代の世界は混迷の度を増しています。紛争や過激主義、貧困や格差、感染症や自然災害など、複雑で相互に関連する課題が国境を越えて地球上の多くの人々の命と尊厳を脅かしています。2015年、国際社会は国連サミットにおいて「持続可能な開発目標(SDGs)」について合意し、開発の恩恵から誰一人取り残されない世界の実現に向けた一歩を踏み出しました。ここには、我が国が唱導してきた「人間の安全保障」の考え方が随所に盛り込まれています。SDGsへの取組は、国際社会で我が国が存在感とリーダシップを発揮する、またとないチャンスです。それだけに、日本のODAを実施する総合的な開発協力機関である私たちJICAの責任は重大です。

ところで、現代世界の混乱の理由の一つは、文明間の理解や対話が不十分なことです。多くの文明が、基本的人権、自由、民主主義、法の支配、紛争の平和的解決などの普遍的な原則を基礎にしながら、共存する仕組みが必要です。この点でも、日本とJICAが果たしうる役割は大きいと思います。われわれは、相手国の立場を尊重しつつ、対等な関係で相互に学び合う姿勢を貫いてきたからです。今後は、この方針をより明確な国際協力の哲学として、また戦略性をもって打ち出していかなければなりません。

世界とのつながりの中で生きる日本にとって、世界が平和で安定し、繁栄することは、我が国の国益そのものです。日本の経験や知見を、世界の貧困削減や経済成長に活用できれば、日本の存在感は高まります。JICAは、日本政府、地方自治体、民間企業、市民社会、大学・研究機関など様々なアクターを総合した開発協力の実施を通じ、日本自身の成長発展にも資する国際協力を進めていくことが重要と考えています。

かかる認識に立ち、JICAは協力の戦略性・総合性の一層の強化に努めます。具体的には、2015年の「開発協力大綱」などを踏まえ、(1)「質の高い成長」と格差是正、(2)普遍的価値の共有と平和構築の推進、(3)地球規模課題・援助潮流への取組の強化、(4)戦略的パートナーシップの拡大・深化、(5)途上国における女性の活躍と社会進出支援などを重点的に展開してまいります。

日本の皆様からの信頼と世界に対する責任をあわせ持ち、日本を代表する開発協力機関の理事長として強い使命感をもって業務に臨む所存ですので、一層のご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

国際協力機構(JICA)
理事長 北岡伸一