事業・プロジェクト

JICAが目指すのは、すべての人々が恩恵を受ける、ダイナミックな開発。開発途上国が抱えるさまざまな課題解決に向け、技術協力、有償資金協力、無償資金協力という3つの援助手法を一元的に手がけることで、より速く、より効率的に効果の高い援助を実施します。

世界が抱える課題への取り組み

JICAは、貧困削減、感染症、紛争、自然災害、気候変動など地球規模のさまざまな課題への取り組みを強化しています。課題・分野別のJICAの取り組みや事例をご紹介します。

事業ごとの取り組み

技術協力、有償資金協力、無償資金協力という3つの援助手法のほか、ボランティア派遣や国際緊急援助など、JICAが実施するさまざまな取り組みを援助手法別にご紹介します。

技術協力

日本の技術・知識・経験を活かし、開発途上国の社会・経済の開発の担い手となる人材の育成を行います。

有償資金協力

低金利かつ返済期間の長い緩やかな貸付条件で、開発途上国に必要な資金を貸し付け、途上国の発展への取り組みを支援します。

無償資金協力

開発途上国などに返済義務を課さないで、経済社会開発のために必要な資金を贈与する援助手法です。

ボランティア派遣

国際緊急援助

民間連携

科学技術協力

援助協調

市民参加

調査研究

プロジェクト・案件一覧

JICAが実施するさまざまなプロジェクト・案件情報をご覧いただけます。

事業実績

JICA事業に関する経費と人数について取りまとめています。

事業評価

事業のさらなる改善と国民への説明責任を果たすために事業の評価を実施しています。

ODA見える化サイト

プロジェクトの現場について多くの写真を掲載し、プロジェクトの始まりから終わりまでをわかりやすくご紹介します。



JICAの事業に関する情報/知識(プロジェクト情報・分野課題情報)を広く共有し、活用していただくために構築されたデータベースです。

遠隔教育やeラーニングの手法を用いた協力形態の一つです。TV会議システムによる遠隔研修の実施、マルチメディア教材の作成、Web上のデジタルライブラリを通じた教材の配信をしています。

国際協力に携わる人々の業務支援を目的とした専門図書館です。

JICAホームページアンケート

JICAホームページを今後もより良いページにしていくため、アンケートにご協力ください。
アンケートにお答えいただくと、抽選で、広報誌「mundi」2014年3月号をプレゼントします。

アンケートに回答する