【画像】ボランティアまもなく募集開始

新着記事

新着トピックス

【画像】

JICA研修員との地域交流事業に係る実施団体の募集
JICA研修員と地域住民の方との交流事業の企画・運営に携わってくださる地域の団体や個人の方を募集します。研修員と交流しながら、相互の文化・習慣や国際協力についての理解を深めませんか。 [2015年4月13日]

【画像】

十勝・帯広の「食」の魅力を海外に−マレーシアのナジブ首相がコラボ大福を試食
クアラルンプールで4月1日〜4日に開催されたハラル製品の国際展示会(MIHAS)において、同国ケダ州ブースの一画に十勝ブースを出展しました。帯広商工会議所が実施している草の根技術協力「北海道フード特区・フードバレーとかち 海外展開支援を兼ねた東南アジア食産業人材育成事業」では、十勝・帯広の地場産業等が有する技術や経験を活用し、タイとマレーシアで地域振興策の普及に取り組んでいます。 [2015年4月8日]

【画像】

みんなで知ろう 世界のいろいろ−稲田小学校・出前講座−
絆を育む学校づくり支援事業の一環としてパネルディスカッション形式の出前講座がありました。 [2015年3月23日]

【画像】

どうしたらおなかいっぱい食べられるの?−毎日「いただきます」が言える幸せ−
国際協力とは何だと思いますか?「政府や民間などを通じ、国境を越えて支援協力することだと思います」セミナー参加前の高校生の言葉です。参加後に同じ質問をしてみると、「私たちが発展途上国に何かを「する」よりも、前に「知る」ことも国際協力だと思いました」との返答。このように、1泊2日のセミナーで高校生の意識は大きく変化します。 [2015年1月30日]

【画像】

子どもの気づきを引き出す授業づくり−第二回「参加型で学ぶ開発教育/国際理解教育」
12月20日(土)、JICA帯広主催の「平成26年度第二回開発教育/国際理解教育指導者研修―子どもの『気づき』を引き出す授業作りー」が開催された。
参加者兼実行委員会としてかかわる私が最も伝えたいのは、『関心のあるなしに関わらずぜひ一度参加してみて欲しい。絶対に満足できる。』ということだ。 [2015年1月30日]

イベント情報

3月27日から5月11日(予定)
明るい未来を世界のために 青年海外協力隊50周年記念パネル展

更新情報RSS

3月27日
【ギャラリー展】明るい未来を世界のために 青年海外協力隊50周年記念パネル展
3月23日
みんなで知ろう 世界のいろいろ−稲田小学校・出前講座−
1月30日
どうしたらおなかいっぱい食べられるの?−毎日「いただきます」が言える幸せ−
1月30日
子どもの気づきを引き出す授業づくり−第二回「参加型で学ぶ開発教育/国際理解教育」

JICA北海道(帯広)

ようこそ北海道国際センター(帯広)へ

【画像】JICA北海道(帯広)

拠点情報

住所
〒080-2470 北海道帯広市西20条南6丁目1-2
電話番号
0155-35-1210(代表)
アクセス
JR帯広駅
拓殖バス「帯広の森・白樺学園行き」または「ニュータウン23条・南商高校行き」
「国際センター入り口」(約25分)下車、徒歩5分

お問い合わせ

所管地区の情報

所管地区の地図

所管地区:
北海道(道東)