水道事業人材育成プロジェクト

(The Project on Capacity Building for Water Supply System)

【写真】プロジェクトの様子

国名
カンボジア [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2003年10月〜2006年10月
事業
技術協力
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

カンボジアでは1990年代初頭まで続いた内戦により、上水道施設が破壊されたまま維持管理が行われず、状況は極度に悪化していました。日本は、これまで、プノンペン市水道公社(PPWSA)に対して、施設の建設を中心とした支援を行ってきており、給水能力の拡大を実現しましたが、新たな施設の運転・維持管理を効率的に行うための人材の育成が急務となっていました。この協力では、PPWSAの職員に対し、水道施設運転および維持管理能力向上のための技術移転を実施しました。これにより、都市部の水道施設の運転および維持管理する能力が向上し、安全な水へのアクセスの拡大に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報