第四次幹線道路改修計画(2011年度)

The Project for Rehabilitation of Trunk Road, Phase 4

終了案件

国名
エチオピア
事業
無償資金協力(贈与契約(G/A))
課題
運輸交通
贈与契約(G/A)締結
2011年6月
供与額
41.58億円

プロジェクト紹介

エチオピアの首都アディスアベバから隣国スーダンに至る国道3号線は、首都と穀倉地帯アムハラ州を結ぶと同時に、スーダンからの原油輸入の約80パーセントを担っている同国の最重要幹線道路です。しかしデジェンとデブレマルコス間(68.9キロメートル)が未舗装区間となっており、雨期に度々冠水するなど、道路交通に支障をきたしていました。この協力では、未舗装区間の一部(デジェン~ルマメ間29.0キロメートル)を対象に、舗装整備や橋梁の改修を支援しました。道路の改修後、走行の安全性、快適性が改善され、走行速度の向上、雨期の交通遮断の減少といった目標を達成しています。また、地域住民の医療・教育施設へのアクセス機能の向上、家畜輸送量の増加など農業開発の下支えとなる経済・社会インフラ開発に寄与しました。

協力地域地図

第四次幹線道路改修計画(2011年度)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • アサマテッチ橋(写真2の協力実施前) 

  • アサマテッチ橋(写真1の協力実施後) 

  • イェットノラ対象道路(写真4の協力実施前) 

  • イェットノラ対象道路(写真3の協力実施後) 

  • イェットノラ対象道路(写真6の協力実施前) 

  • イェットノラ対象道路(写真5の協力実施後) 

  • ベチェット橋(写真8の協力実施前) 

  • ベチェット橋(写真7の協力実施後) 

  • ルマメ対象道路(写真10の協力実施前) 

  • ルマメ対象道路(写真9の協力実施後) 

関連情報