幹線道路改修計画(第1期)

The Project for Rehabilitation of Trunk Road

終了案件

国名
エチオピア
事業
無償資金協力(交換公文(E/N))
課題
運輸交通
交換公文(E/N)署名
1998年9月
供与額
12.71億円

プロジェクト紹介

国内流通の大部分を道路交通に依存しているエチオピアですが、舗装道路は全体の15パーセント程度と少なく、道路開発は緊急の課題でした。特に、北西幹線道路(国道3号線)は首都アディスアベバと穀倉地帯を結んでいる重要路線のため、早急な改修が求められていました。この協力(第1期)では、北西幹線道路のアディスアベバ~デブレズィケ区間(95キロメートル)において、簡易舗装からアスファルト舗装への道路改修などを支援しました。これにより、対象道路の走行時間が8時間から3時間に短縮されるなど、農産物輸送力強化に寄与しました。

協力地域地図

幹線道路改修計画(第1期)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 当該道路(アディスアベバ〜デブレズィケ間の国道3号線)は、アジスアベバとエチオピア北西部の穀倉地帯を結ぶ物流の主要幹線道路の一部として交通量が増加している。 

  • 街の出入り口付近も良好な路面状態を維持している。 

  • 大型バスなどによる人の輸送においても貢献度は高い。 

  • 街中の路面状態も良く、地域住民の生活基盤としての役割も大きい。 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。