ガーナにおける感染症サーベイランス体制強化とコレラ菌・HIV等の腸管粘膜感染防御に関する研究

(The Project for Surveillance and Laboratory Support for Emerging Pathogens of Public Health Importance)

【写真】プロジェクトの様子

国名
ガーナ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2016年8月〜2021年8月
事業
技術協力
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

ガーナでは、2014年にコレラが首都圏で流行した他、エボラ出血熱が流行した西アフリカ諸国と国境を接しており、今後も新興・再興感染症対策が課題です。この協力は、西アフリカの感染症制圧に向けて、野口記念医学研究所及びガーナヘルスサービスと連携して実施しています。下痢症・エイズ・出血熱等の主要感染症のサーベイランス(調査・解析)システムの強化と、コレラ菌・HIVを対象とした基礎研究を行い、感染症の制御を目指します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報