電力開発計画策定能力向上プロジェクト

The Project for Power Development Master Plan

実施中案件

国名
アンゴラ
事業
技術協力
課題
資源・エネルギー
協力期間
2017年6月〜2018年10月

プロジェクト紹介

アンゴラでは電力分野は「国家開発計画(2013-2017)」の重点事項の一つに含まれており、内戦中に破壊されたインフラ設備の復旧が急速に進められています。しかし、電力の供給コストに相反して料金設定が低価格であることや、電力の約半分を水力発電が占めるため季節変動の影響を受けやすいこと、また送配電ロス、電力メーター未設置による料金徴収率が低いこと等の問題が指摘されています。この協力では、同国の電源・基幹送電網を対象とした電力マスタープランを策定することにより、電力安定供給に資する電力開発の円滑な実施に寄与します。

協力地域地図

電力開発計画策定能力向上プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • JCCの様子(写真提供:東電設計) 

  • 研修の様子(写真提供:東電設計) 

  • 地方電源調査の様子(Biopio水力、Benguela)(写真提供:東電設計) 

  • 地方送配電設備調査の様子(Dango、Huambo)(写真提供:東電設計) 

  • 新設電源設備調査の様子(Soyo1、Soyo州)(写真提供:東電設計) 

  • 新設電源設備調査の様子(Soyo1、Zair州)(写真提供:東電設計) 

  • 長期停止中のBiopio水力(Benguela州)(写真提供:東電設計) 

  • 新設コンバインドサイクルガス火力(Soyo1、Zair州)(写真提供:東電設計) 

  • 増設大型水力発電所の様子(Cambambe水力、Bengo州)(写真提供:東電設計) 

  • 増設大型水力発電所の様子(Cambambe水力、Bengo州)(写真提供:東電設計) 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。