日本モンゴル教育病院運営管理及び医療サービス提供の体制確立プロジェクト

(Project for the Establishment of Hospital Management and Medical Services at the Mongolia-Japan Teaching Hospital)

【写真】プロジェクトの様子

国名
モンゴル [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2017年3月〜2022年3月
事業
技術協力
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

モンゴルでは、地方病院で働く医師を始めとする医療従事者の質の低さ、医療機材設備の未整備など、地方の一次、二次医療サービスの向上が課題となっています。日本はこの課題解決に向け、日本モンゴル教育病院(以下「日モ病院」という)の建設を行っています。日モ病院は、将来的に保健人材の卒前・卒後研修拠点となると同時に増加傾向にある非感染性疾患(NCDs)に対応できる高い医療サービスの提供拠点として医療サービスの向上に貢献することが期待されていますが、同国では、教育病院の運営経験がないため、まず総合病院として高水準の運営管理と質の高い医療サービスを提供する体制の整備が必要です。この協力では、日モ病院において適切な運営管理、患者中心医療の導入、先端医療サービスの導入、高度な救急医療体制の整備の実現に向けた支援を行います。これにより、技術水準、質ともに高い医療サービス提供が受けられる体制の確立を図り、日モ病院が総合病院として高い水準で機能することに寄与します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報