ニアッサ州持続的給水システム及び衛生促進プロジェクト

Project on Promoting Sustainability of Water Supply System and Sanitation in Niassa Province

実施中案件

国名
モザンビーク
事業
技術協力
課題
水資源・防災
協力期間
2021年5月〜2026年4月

プロジェクト紹介

モザンビークの2015年における安全な水へのアクセス率は51パーセント、衛生施設へのアクセス率は21パーセントと低い割合に留まっています。特に地方部においては、同指標はそれぞれ37パーセント及び10パーセントと低い水準であるため、更なる給水・衛生状況の改善が急務となっています。ニアッサ州は石炭等の天然資源開発や農業開発をはじめ、今後の経済開発・産業振興が期待されるナカラ回廊に位置しており、開発に伴う人口・水需要の増加が進んでいる一方で、給水施設の整備が進んでおらず、人口増加と反比例して給水率が低下傾向にあります。日本が2017年まで実施してきた技術協力プロジェクトにおいては、ニアッサ州の村落部を対象として、ハンドポンプ型給水施設の建設及び運営維持管理にかかる組織・能力の強化や衛生行動の改善などを支援しました。今回の協力では、ニアッサ州の対象市および郡都において、関係機関の実施体制の強化とその人材の能力強化を通じて、給水システムの整備や給水オペレーターの能力強化、衛生啓発の促進を図り、州全体の給水及び衛生の改善に寄与します。

協力地域地図

ニアッサ州持続的給水システム及び衛生促進プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 近所の水栓から水を購入(Malica村Lichinga郡) 

  • 各戸給水(Malica村Lichinga郡) 

関連情報