栄養改善

栄養改善のための取り組み事例

マルチセクトラルなアプローチによる栄養改善への取り組みの事例

モザンビークMultisectoral Enhancement for Nutrition Upgrading

モザンビークは5歳未満児の子どもに占める慢性的な栄養不良の割合が他のアフリカ諸国に比べて高く、栄養改善、特に妊娠中の母親と乳幼児を対象とした取り組みが急がれます。特に国内でもっとも貧困率が高いニアッサ州では、一人一人の生活やニーズに注目し、分野横断的な栄養改善への取り組みを検討するため、2019年から2020年にかけて住民の栄養状態に関する世帯調査を実施しました。その結果、ニアッサ州における発育阻害の削減のためには、「成長過程の適切な時期での補完食の開始」が鍵となるであろうという結果が得られました。各分野のプロジェクトで「栄養改善」という目標を共有し、マルチセクトラルに取り組んでいきます。

参考

日本の栄養改善の経験に関する事例研究「栄養改善・IFNA 推進に資する我が国の優良事例に係る情報収集」

JICAは日本の栄養改善の経験を途上国で活用するという観点から、県別データを用いて戦後日本の栄養状態改善に影響を与えた要因を分析しました。その結果、戦後の日本の栄養状態改善に影響を与えた要因は、経済発展による所得向上のほか、公衆衛生(妊産婦指導等)、公衆栄養(栄養指導等)、農村開発(生活改善普及員の配置等)、生活環境(水道の普及等)、教育(学校給食等)など多部門に渡る様々な施策が含まれることが明らかとなりました。このことから、栄養状態の改善には、単一の施策でなく、マルチセクトラルな視点が必要であること、また、経済成長が本格化する前の国々にとっても、適切な政策・施策により栄養状態の改善が可能であることが示唆されました。

この研究を通じて確認された、マルチセクトラルな取り組みが栄養改善の成功要因のひとつであったという日本の経験・実績を、途上国での栄養改善にむけた取り組みにも活用していきます。

参考

保健分野の協力を通じた栄養改善の事例

グアテマラ「妊産婦と子どもの健康・栄養改善プロジェクト」(2016年6月~2020年6月)

グアテマラでは、食事の量や栄養の偏りなどにより5歳未満児の約半数が慢性栄養不良の状態に陥っています。そこで本プロジェクトでは、保健省や地方行政の人材、医療者に対して、栄養不良の予防策、及び適切な処置・治療の方法の普及に取り組み、国民の健康・栄養状態の改善を図っています。

農業分野の協力を通じた栄養改善の事例

マダガスカル「食と栄養改善プロジェクト」(2019年3月~2024年3月)

マダガスカルでは、5歳未満児における発育阻害の割合が49%と世界で5番目に高い水準にあり、栄養不良が深刻な課題です。本プロジェクトでは、住民の8割が農業を営む中央高地において、農家の所得向上の方法を探り、増えた所得を栄養価の高い食物の購入に充ててもらうことや、家庭菜園で栄養価の高い作物を育て、食事の栄養バランスを改善することを目指して、JICA専門家が現地で活動中です。

水衛生分野の協力を通じた栄養改善の事例

モザンビーク「ニアッサ州持続的給水システム及び衛生促進プロジェクト」(2021年~2025年:予定)

モザンビークでは、内戦時に破壊された社会インフラの整備が進んでおらず、中でも村落部における安全な水や衛生施設へのアクセスは南部アフリカの中でも低い水準にあります。ニアッサ州は人口が増加している一方で新規給水施設の建設が進んでいないために、給水率が全国の中でも特に低下傾向にあります。

本プロジェクトでは、対象郡における給水・衛生状況の改善のため、管路系給水施設の維持管理能力を強化し、そのノウハウを他の郡に普及・導入することを目指します。合わせて、家庭内での水の適切な保管方法も伝えていきます。これらの活動により、水・衛生状況が悪いために病気になる人が減り、栄養状況の改善にもつながっていくことが期待されています。またニアッサ州で同時に展開される、保健や農業など他の分野のプロジェクトと連携を図り、栄養改善にかかるマルチセクトラルなアプローチの実現を目指します。

教育分野の協力を通じた栄養改善の事例

マダガスカル「みんなの学校:住民参加による教育開発プロジェクト」(2016年6月~2020年5月)

マダガスカルでは、5歳未満児における発育阻害の割合が49%と世界で5番目に高い水準にあり、栄養不良が深刻な課題となっています。本プロジェクトでは、活動の一環として、米の確保が難しい農業端境期(例年12月~3月)に子どもたちに十分な食事を与えたいという保護者・地域住民のニーズに応えるべく、コミュニティの資源を活用した自主学校給食を支援してきました。食材、食費、調理人材などの情報や自主給食が子供の教育・栄養改善に果たす役割とその成果をより分かりやすくコミュニティに発信することで、地域住民の参加や資源動員が増大し、自主学校給食が以前より継続的に実施されるようになりました。

海外協力隊との連携

世界各国に派遣されている海外協力隊も途上国の栄養改善に取り組んでいます。栄養士隊員や農業関連職種隊員をはじめ、小学校教育隊員やコミュニティ開発隊員など様々な職種の隊員が現地のニーズに応じて草の根レベルで活動をしています。隊員の活動はヘルスセンター等における母親や家族に対する母子栄養指導、教育現場における食育支援、水に起因する疾患を減らし、栄養不良となる状態を招かないように行われる衛生啓発活動(水の防衛隊の活動等)など多岐にわたります。

マダガスカル料理分科会

マダガスカルでは、有志のJICA海外協力隊が「料理分科会」を立ち上げ、栄養豊富な料理の普及を通じた栄養改善活動に取り組んでいます。マダガスカルで身近に手に入る食材を使った料理をみんなで集まって開発し、それぞれ任地に持ち帰って普及しています。こうした活動の結果作られた料理本はマダガスカル保健省の公認を得て、同省に供与されました。

関連情報

民間セクター等との連携による栄養改善の事例

(1)ガーナ国離乳期栄養強化食品事業化準備調査(株式会社 味の素)

ガーナの農村部では、一般的な離乳食koko(ココ:発酵したトウモロコシから作られたおかゆ)の栄養が偏っており、低身長や貧血に苦しむ子供が多くいました。そこで、離乳食に加えるだけでミネラルやたんぱく質などの栄養素を補える栄養サプリメント"KOKO plus"を開発。低価格での販売や、母子手帳とあわせた配布を通じて、栄養不良の予防を目指しました。

(2)ベトナム「栄養士制度普及・促進事業」(株式会社味の素/公益財団法人味の素ファンデーション)

ベトナムには栄養の専門家が少なく、正しい栄養知識が国民に伝えられていないため、栄養や衛生管理に関する正しい知識を持った人材の育成が求められていました。そこで日本の栄養学の教育手法や管理栄養士の国家資格を参考に、ベトナムにおける栄養士制度を創設し、栄養バランスの取れた学校給食の普及などに貢献する人材育成の基盤をつくりました。

JICAと株式会社味の素によるプロジェクトが終了した後も、公益財団法人味の素ファンデーションが事業を継続しました。現在ではハノイ医科大学に栄養コースが開講し、ベトナム初の栄養士を輩出するという成果を挙げています。

参考

(3)バングラデシュ国「ユーグレナ・クッキー事業準備調査」(株式会社ユーグレナ)

バングラデシュのスラム地域に居住する最貧困層の子どもたちは、ビタミンA、B12、亜鉛、鉄分等の栄養素が不足し、それに起因する低体重、発育不全、貧血が重大な問題となっています。ユーグレナ社は、2014年からバングラデシュの最貧困層の子どもたちが通う学校に、栄養価の高いユーグレナ入りクッキーを届けています。「ユーグレナGENKIプログラム」と名づけたこの活動での提供数は、累計1,000万食にものぼります(2020年9月末時点)。

この活動を持続可能なモデルとするために、JICAとの連携事業で同社は、バングラデシュの中間層以上にユーグレナ入り食品を販売し、そこで得られた利益で最貧困層の子どもたちにユーグレナ入りクッキーの提供を拡大するサイクルを検証する調査を実施しました。同時に現地の医療調査機関を通じた血液検査や身体測定も行い、事業の改善につなげることができました。同社の活動には、クッキー配布の他に、食育や衛生教育も含まれており、マルチセクトラルな取り組みから子どもたちの栄養改善を目指しています。

参考

(4)カンボジア国における子どもの栄養改善1000日アプローチプロジェクト(草の根技術協力、特定非営利活動法人 シェア=国際保健協力市民の会)

カンボジア国内のなかでもプレアビヒア州は、子どもの栄養状態が著しく劣悪な地域ですが、低体重や栄養不良に関する認識がない親が多く、多くの子どもたちが十分な栄養をとることができていません。JICAは、「シェア=国際保健協力市民の会」と協力し、カンボジアの保健センターや保健ボランティアらとともに現地コミュニティでの乳幼児健診を実施し、栄養改善のための介入を行っています。また、適切な栄養に関する啓発活動と離乳食教室の共同開催や、州内でとれる食材を使った離乳食レシピの開発などを行っています。