国道5号線改修事業(スレアマアム-バッタンバン間及びシソポン-ポイペト間)(第一期)

National Road No.5 Improvement Project(Thlea Ma'am-Battambang and Sri Sophorn-Poipet Sections)(1)

実施中案件

国名
カンボジア
事業
有償資金協力
課題
運輸交通
借款契約(L/A)調印
2015年3月
借款契約額
192.08億円

プロジェクト紹介

カンボジアは、鉄道整備がほとんど進んでおらず、道路輸送が国内輸送の中心的役割を果たしています。同国の基幹道路である国道5号線は、アジアハイウェイ1号線に指定されている国際道路であり、アジア開発銀行(ADB)が主導する大メコン圏(GMS)開発プログラムでは南部経済回廊中央に位置し、メコン地域の産業大動脈として機能することが期待されています。この協力(第1期)では、同国道のスレアマアム~バッタンバン間と、シソポン~ポイペト間において、既存道路の改修および拡幅とバイパスの建設などを支援します。これにより、同国道の輸送能力の増強や物流の円滑化を図り、同国の経済発展の促進に寄与します。

協力地域地図

国道5号線改修事業(スレアマアム-バッタンバン間及びシソポン-ポイペト間)(第一期)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 既存(改修前)の国道5号線:簡易舗装。路肩に一部崩れが見られる 

  • 既存(改修前)の国道5号線:大型車両は対向車線にかかってしまう 

関連情報