国道5号線改修事業(スレアマアム-バッタンバン間及びシソポン-ポイペト間)(第二期)

National Road No.5 Improvement Project (Thlea Ma’am - Battambang and Sri Sophorn - Poipet Sections) (2)

実施中案件

国名
カンボジア
事業
有償資金協力
課題
運輸交通
借款契約(L/A)調印
2020年3月
借款契約額
177.02億円

プロジェクト紹介

カンボジアでは、鉄道整備が遅れており、道路輸送が国内輸送の中心的役割を果たしています。カンボジアの運輸インフラは1991年の内戦終結時から日本や世界銀行、アジア開発銀行などの支援を得て、道路などの修復が進められており、道路・橋梁インフラの基幹部分については修復・整備が一巡しつつあります。しかし、内戦後の応急修復箇所の劣化や幅員不足等の箇所もあり、今後のカンボジアの経済発展による国内・国際物流の増加に対応するためには、既存道路の改修が課題となっています。中でも国道5号線はカンボジアの基幹道路であるとともに、アジアハイウェイ1号線及び南部経済回廊の一部であり、メコン地域の産業大動脈として機能することが期待されています。この協力(第2期)は、首都プノンペンとタイ国境を結ぶ国道5号線の内、スレアマアム−バッタンバン間及びシソポン−ポイペト間において、既存道路の改修及び拡幅、並びにバイパスの整備等を行うことにより、同国道の輸送能力の増強及びタイとカンボジア間の物流の円滑化を図り、同国の経済発展の促進に寄与します。

協力地域地図

国道5号線改修事業(スレアマアム-バッタンバン間及びシソポン-ポイペト間)(第二期)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 拡幅予定の国道5号線 

  • 拡幅中の国道5号線 

  • 拡幅中の国道5号線 

  • 拡幅中の国道5号線 

  • 建設中の橋梁 

  • 整備中のプルサット・バイパス 

関連情報