女性の経済的エンパワーメントのためのジェンダー主流化プロジェクト

カンボジア王国(以下「カンボジア」)では、20年以上にわたる内戦の影響で、40歳以上の男性人口は、その女性人口と比べて少なく、2013年の国勢調査によると、女性世帯主世帯が全世帯の27.1%と大きな割合を占めます。カンボジア社会・経済の復興・開発の場面で重要な役割を担う女性への期待は高まりつつあるものの、女性の社会的・経済的地位は一般的に男性のそれに比べ依然として低いままです。特に農村部の女性は、都市部の女性と比べてジェンダーに起因する不平等な扱いを受けており、伝統及び文化的規範により、女性は受動的であるべきとする固定観念が依然として根強く、女性の地位の向上や社会参加、経済活動の促進を妨げてい…

更新情報

4月16日
ニューズレター」 を更新しました。
1月7日
ニューズレター」 を更新しました。
8月3日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
8月1日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
4月25日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
対象国:
カンボジア
課題:
ジェンダーと開発
署名日:
2016年11月30日
協力期間:
2017年3月1日から2022年2月28日
相手国機関名:
女性省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。