エル・カホンダム森林保全区域のコミュニティ住民参加型持続的流域管理能力強化プロジェクト

 スペイン語

ホンジュラス国(以下「ホ」国)のエル・カホンダムは、我が国の有償資金協力と世銀、IDB等との協調融資により1985年に建設されたダムであり、「ホ」国最大の水力発電所がある。その水力発電所の発電能力は300MWであり、「ホ」国の国内電力需要の25%をカバーする重要な発電施設である。ダム湖面積は、人工湖としては「ホ」国最大であり、ダム湖周辺の36,000haの土地は、エル・カホンダム森林保全区域(ZFPEC)として保全地域に指定されている。この保全地域の管理をホンジュラス電力公社(ENEE)が担当している 。 ZFPECは、針葉樹と広葉樹からなる27,500haの森林を有し、豊富な植物相と動物相…

更新情報

6月23日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
4月26日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
4月26日
資料集」 を更新しました。
3月2日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
2月17日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
対象国:
ホンジュラス
課題:
自然環境保全
署名日:
2012年12月18日
協力期間:
2013年5月9日から2016年5月8日
相手国機関名:
ホンジュラス電力公社(ENEE)

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。