被害者支援及びカウンセリングのための人身取引対策ホットライン運営強化プロジェクト

 英語 ベトナム語

ベトナムでは、ドイモイによる市場経済導入後、経済発展が進む一方で地方と都市部の格差が拡大し、国内外の人の移動に伴い人身取引被害が深刻化している。ベトナム政府は、2004年に人身取引対策国家行動計画(以下「国家行動計画」)を策定し、法政策、予防、取り締まり、被害者の社会復帰支援の分野において様々な取り組みを実施してきており、2015年12月には第3期国家行動計画を制定した。また、カンボジア、タイ、ラオス、中国といったメコン地域や周辺の各国との二国間協定の締結にも取り組み、法的枠組みは徐々に整いつつある。その一方で、被害は年々増加傾向にあり、被害の予防や被害者への支援において、さらなる取り組みが求…

更新情報

7月12日
ニューズレター」 を更新しました。
5月13日
ニューズレター」 を更新しました。
4月17日
資料集」 を更新しました。
2月1日
資料集」 を更新しました。
1月17日
ニューズレター」 を更新しました。
対象国:
ベトナム
課題:
ジェンダーと開発
署名日:
2017年7月26日
協力期間:
2018年11月19日から2021年11月18日
相手国機関名:
労働傷病兵社会省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。