持続可能な地域密着型灌漑開発プロジェクト(E-COBSI)

ザンビアでは、就業人口の約7割が農業に従事しており、農業は鉱業と共に経済成長を担う重要なセクターですが、生産量と生産性の低さが課題となっています。国土(約75.3万平方キロメートル)のおよそ6割(42万平方キロメートル)が作物・家畜生産に適しているとされていますが、有効に利用されているのは、農地の16%程度に留まります(2014年:世界銀行)。また、灌漑可能面積は2.8万平方キロメートルと推定されていますが、灌漑農地は0.16万平方キロメートル(15.6万ヘクタール)に過ぎず、生産量の拡大と生産性の向上のために、農地の拡大と共に灌漑農業の促進が求められています。

JICAは2…

更新情報

2021年9月2日
ニューズレター」を更新しました。
2021年7月30日
ニューズレター」を更新しました。
2021年6月15日
ニューズレター」を更新しました。
2021年5月25日
ニューズレター」を更新しました。
2021年2月2日
ニューズレター」を更新しました。
対象国:
ザンビア
課題:
農業開発/農村開発
署名日:
2017年10月11日
協力期間:
2019年1月17日から2024年1月16日
相手国機関名:
農業省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。