JICA関西訪問プログラム

国際協力の現場であるJICA関西を訪問し、JICA事業やODA(政府開発援助)を学習することができます。

どんなことができるの?

基本的なプログラム内容

【写真】【写真】
  1. JICA事業概要説明(30分)
    JICAとは何?JICA関西はどんなことをしているの?どんな仕組みで仕事をしているの?など、皆さんの知りたいことに答えます。
  2. 活動体験談(60分)
    JICAボランティア経験者や職員から、開発途上国での生活や活動の実際など、実体験に基づいた話を聞くことができます。
  3. 施設見学(30分)
    「見て、触って、体験できる」展示がいっぱいの広報展示室や、JICAならではの蔵書がある資料室を見学することができます。JICAプラザ関西の詳細は、こちら
  4. 食事(有料)
    JICA関西食堂では、月替りのエスニック料理を用意していますので、事前に予約いただければ、実際に「食べる」ことを通じて学ぶことも可能です。

費用はどのくらいかかるの?

JICA関西までの交通費や食堂利用の際の食事代など

申込みから実施までの流れについて

  1. 問合せ
    講座を実施したい日の少なくとも1ヵ月前までに下記連絡先宛てご連絡ください。
  2. 必要書類の提出
    申込書と依頼書様式(PDF/377KB)(Word/69KB)の原本を、ご郵送ください。 また、事前事後学習の予定や講座の位置付けがわかる年間計画などがあれば、併せてご提出をお願いします。(実施依頼文書には、代表者の公印が必要です。)
  3. 打合せ
    プログラムの細かい内容について、打合せを行います。
  4. 訪問プログラムの実施
  5. 報告書の提出
    実施後、1週間以内にJICA関西所定の評価アンケート(PDF/80KB)(Word/36KB)をご提出ください。

連絡先

JICA関西内 公益社団法人 青年海外協力協会近畿支部 JICA関西訪問プログラム担当
〒651-0073 兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通1-5-2
[問合せ受付時間:土・日・休日を除く10時から12時まで/13時30分から17時まで]
TEL.(078)261-0384(直通) FAX.(078)261-0357
E-mail:jicaksic-ed1@jica.go.jp

過去の実施例

※2011年度までは、旧JICA大阪と旧JICA兵庫が、別々に対応していました。以下の実施例は、当時のものをそのまま掲載していますので、ご了承ください。

2012年度

2010年度

2005年度