南スーダン

 英語

南スーダンは2011年に独立した世界で最も新しい国です。しかし計40年以上に及ぶ内戦の影響で、日本の約1.7倍の広さがある国土全域で開発がほとんどなされておらず、保健、教育、水供給などの基本的な社会サービスや、電力、道路などの基礎的なインフラが決定的に不足しています。また、それらのサービスを提供する地方の政府・行政も殆ど存在しないため、国民の基礎生活環境は著しく悪い状態が続いています。南スーダンでは国民の大半が農業に従事し、肥沃な土地にも恵まれ、高い農業の潜在力を有しています。しかしながら、土地の所有権を巡る争いや、農業開発のために必要なインフラ、組織、制度、法的枠組みが欠如するなど様々な理由により、現在は農産物を輸入するのみならず、人口の約1/4に相当する200-300万人もの人が食糧援助に依存しています。そのためJICAは、(1)新国家建設支援(インフラ整備・ガバナンス能力強化)、(2)基礎生活向上支援(BHN)、(3)食料安全保障支援を重点分野として支援しています。

事務所情報

南スーダン事務所
JICA SOUTH SUDAN OFFICE

更新情報

2016年4月7日
トピックス&イベント情報を更新。
2015年11月30日
技術協力プロジェクト(終了済)を更新。

ピックアップニュース

インフォメーション

活動紹介

南スーダンでのJICAの活動に関する情報を紹介します。

現地レポート(世界HOTアングル)

世界HOTアングルへ

世界150カ国のJICAの現場からHOTな声をお届けします。