母子健康手帳を通じた母子保健サービス向上プロジェクト

(Project for Improving Maternal and Child Health Handbook)

【写真】プロジェクトの様子

国名
アンゴラ [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2017年6月〜2021年5月
事業
技術協力
課題
保健医療

プロジェクトの紹介

アンゴラは、1975年の独立以降長期間続いた内戦の影響で経済・社会インフラが破壊され、保健指標は他の高中所得の国々と比較して劣悪な水準です。特に妊産婦死亡率と5歳未満児死亡率は、世界の中で最も高い国の一つとなっています。日本は同国で母子保健にかかる人材育成の機能強化、公共医療サービスのレファラル体制の確立、母子健康手帳の開発・導入を支援してきましたが、母子健康手帳の導入支援は試行的なものだったため、自助努力による定着が困難でした。この協力では、母子健康手帳の運用に関わる管理体制の構築および妊産婦等のための母子保健に関する知識の向上、そして手帳の全国展開戦略の策定を行うことにより、モデルサイト州の医療施設で提供されるサービスの利用率向上を図り、モデルサイト州の母子健康指標の改善に貢献します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報