母子栄養サービス強化プロジェクト

The Project for Strengthening Maternal and Child Nutrition Services

実施中案件

国名
モザンビーク
事業
技術協力
課題
保健医療
協力期間
2021年5月〜2024年5月

プロジェクト紹介

モザンビークでは、母子保健、栄養状況は改善傾向にあるものの、妊産婦死亡率は出生10万人あたり289人、新生児死亡率は出生1,000人あたり28.5人、5歳未満児死亡率は出生1,000人あたり72.2人と高い数値を示しており(2019年)、この背景の一つとして慢性的栄養不良の拡がりがあると考えられています。
この協力では、対象2州(ガザ州及びニアッサ州)において、母子健康手帳に基づく栄養サービスモデルを運用し、保健医療施設の保健医療従事者及びコミュニティヘルスワーカー(APE)によるコミュニティ・ベースの栄養サービスの提供能力の強化を行うことにより、母子健康手帳に基づく栄養サービスモデルの開発を図り、母子の低栄養の割合の低下と同サービスモデルの全国展開に寄与します。

協力地域地図

母子栄養サービス強化プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 母子健康手帳の内容を吟味する保健省からの参加者 

  • 母子健康手帳ドラフトの内容を説明する母子保健専門家 

  • 母子健康手帳の内容を吟味する保健省からの参加者 

  • 母子健康手帳のドラフト案に対して改善案を出し合う参加者 

  • ムエンべ郡保健局の母子栄養関係者に対するプロジェクトの説明と情報収集 

  • ムエンべ郡ルトゥエセ保健施設を視察する母子保健専門家 

  • サンガ郡セプテンバーセブン保健施設を視察する母子保健専門家 

  • ニアッサ州リシンガ市の市場にて乳幼児を持つ母親に聞き取り調査を行う母子保健専門家 

関連情報

関連・連携プロジェクト

関連・連携プロジェクトはありません。

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。