保健人材継続教育制度強化プロジェクト

 英語

カンボジアの公的保健医療サービスの提供体制は、内戦後の1990年代前半と比較し質・量ともに改善し、首都プノンペンを中心に基本的保健医療サービスの提供体制が整いつつある。この結果、5歳未満児死亡率(2000年:106、2019年:27、出生1,000対、2019)や妊産婦死亡率(2000年:488、2017年:160、出生10万対、2017)の削減等、国全体では母子保健を始めとする基礎保健指標改善の成果が上がっている。他方、病床数をはじめとする保健医療施設や、医療従事者数については、世界保健機関(以下、「WHO」)が示すユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(以下、「UHC」)達成に必要な水準には達し…

更新情報

2022年2月28日
プロジェクトホームページを新規開設しました。
対象国:
カンボジア
課題:
保健医療
署名日:
2021年8月12日
協力期間:
2021年12月26日から2026年12月25日
相手国機関名:
保健省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。