太平洋島嶼国のSDG14「海の豊かさを守ろう」プロジェクト

 英語

太平洋島嶼国の人びとは、古来より海とともに生きてきました。そして、海からの恵みである水産資源は、島特有の社会や経済、文化を形作る上で貴重な財産となっています。しかしながら近年、水産資源は乱獲、海洋汚染、気候変動の影響など複合的な脅威にさらされています。2015年、国連は持続可能な開発目標(SDGs)を採択し、SDG14「海の豊かさを守ろう」を掲げ、海洋資源の保全と持続可能な利用を目指しています。本プロジェクトは、太平洋島嶼国においてSDG14達成に向けた積極的かつ効果的な活動を将来に渡って展開していけるよう、域内人材の育成を進めています。

更新情報

2022年9月16日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2022年9月7日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2022年3月14日
プロジェクトホームページを新規開設しました。
対象国:
フィジー
課題:
水産
署名日:
2020年2月14日
協力期間:
2020年12月24日から2025年3月31日
相手国機関名:
フィジー水産省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。