母子手帳を通じた母子継続ケア改善プロジェクト

ガーナでは、2015年を達成期限としたミレニアム開発目標達成への取り組みの結果、母親と子どもの死亡率が半減するなど健康状態に改善が見られたものの、妊産婦死亡率は319(出生10万対)(注1)、新生児死亡率は29(出生1000対)、5歳未満児死亡率は60(出生1000対)(注2)と依然として高い数値にとどまっている。2017年4月ガーナ保健省が開催したヘルスサミットでは、さらなる健康増進に向け、保健サービスの質を改善することが喫緊の課題として提唱された。また、経済成長とともに住民の健康状態やサービスの提供やアクセスに地域格差も生まれ、これらの格差を是正しつつ母子保健を推進する必要がある。更に、日…

更新情報

5月17日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
1月30日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
10月29日
プロジェクトニュース」 を更新しました。
6月15日
プロジェクトホームページを新規開設しました。
対象国:
ガーナ
課題:
保健医療
署名日:
2017年10月27日
協力期間:
2018年4月10日から2021年4月9日
相手国機関名:
ガーナヘルスサービス、家族健康局

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。