安全な建物建設のためのネパール国建築基準遵守促進プロジェクト

The Project for Promotion of Nepal National Building Code Compliance for Safer Building Construction

実施中案件

国名
ネパール
事業
技術協力
課題
都市開発・地域開発
協力期間
2021年4月〜2025年5月

プロジェクト紹介

ネパールは将来の地震発生によるリスクに直面しています。同国では耐震基準に関わる建築基準が2020年8月に改定され、新築建物に対する規制強化が図られつつあります。一方、2015年の震災以降、カトマンズ盆地では建築構造の主流が組積造から鉄筋コンクリート造に替わってきていますが、建築主や施工者において法令遵守の意識や知識不足から図面と異なる施工がされてしまうことも多く、行政の設計・施工検査能力、建築技術者の施工監理能力、施工業者の品質管理能力や関係者の啓発等が課題となっています。この協力は、カトマンズ盆地において、建築基準遵守に向けた建築許可実務手順書の改訂や関係者の能力向上・啓発等を行うことにより、耐震建築のための建築基準遵守メカニズム改善を図り、地震に強い安全な建物の建設推進に寄与します。

協力地域地図

安全な建物建設のためのネパール国建築基準遵守促進プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 一般民家新築工事現場 レンガ積施工状況 

  • コンクリート現場練り状況 

  • 工事現場での鉄筋加工状況 

  • 建設現場の視察 

  • 施主を対象とした建物調査状況 

  • オンライン会議 

  • コンクリート試験記録写真指導状況 

  • 休眠していたコンクリート圧縮試験機再開指導 

  • コンプライアンスについての課題抽出ワークショップ 

関連情報

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。