レジリエンス強化のための能力向上プロジェクト

The Project for Capacity Development to Strengthen Local Resilience in Sierra Leone

実施中案件

国名
シエラレオネ
事業
技術協力
課題
平和構築
協力期間
2021年6月〜2025年6月

プロジェクト紹介

シエラレオネは、長期間の内戦やエボラ出血熱の流行による行政の担い手の不足、脆弱な行政能力など様々な課題を抱えています。日本は同国の地方議会(LC)職員の地域開発事業の能力向上を目的として技術協力を実施し、「地方議会地域開発事業実施ガイドライン」をまとめました。同ガイドラインは地方自治・地域開発省(MLGRD)の内規として承認され、中期国家開発計画(2019−2023)にもその普及の目標が明記されましたが、ガイドラインを使用した地域開発事業は、協力を実施した北部州・北西部州以外では未だ実施されていません。今回の協力では、同国の主に東部州・南部州において、MLGRD及びLC職員の地域開発事業実施能力の向上、ガイドラインに沿った地域開発事業実施のモニタリングの仕組みの確立ならびにガイドラインの改訂を行うことにより、LCのガイドラインに沿った地域開発事業の実施の促進を図り、各LCにおける事業実施の効果の継続に寄与します。

協力地域地図

レジリエンス強化のための能力向上プロジェクトの協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • JCC(合同調整委員会)に先立つBo県議会及び市議会向け案件業務計画説明会にてプロジェクトの説明を行う前川貴恵専門家 

  • JCCに先立つMoyamba県議会向け案件業務計画説明会にて現状を紹介する上級秘書補佐官 

  • JCCに先立つBonthe県議会他向け案件業務計画説明会に集った議会職員との集合写真 

  • JCCに先立つ東部州の各県議会等向け案件業務計画説明会にて地方自治・地域開発省内の動向を説明するCP(カウンタパート)機関職員 

関連情報

本プロジェクトの他の期・フェーズ

本プロジェクトの他の期・フェーズはありません。

関連記事等

関連記事等はありません。