デリー高速輸送システム建設事業(フェーズ4)(第一期)

Delhi Mass Rapid Transport System Project (Phase 4) (1)

実施中案件

国名
インド
事業
有償資金協力
課題
運輸交通
借款契約(L/A)調印
2021年3月
借款契約額
1199.78億円

プロジェクト紹介

インドのデリー首都圏では、自動車数の増大に伴う混雑や大気汚染の緩和を目指し、大量高速輸送システム(地下鉄道及び高架鉄道)の導入を柱とする都市交通整備計画が第1次から第4次まで策定・実施され、1997年以降日本の協力のもと、鉄道網整備が進められてきました。この協力では、第4次整備計画にて計画されている6路線のうち、優先3路線(7号線及び8号線の延伸、10号線の新設)を整備します。この大量高速輸送システムを建設することにより、増加する輸送需要への対応を図り、交通渋滞の緩和と自動車公害減少を通じた地域経済の発展、都市環境の改善および気候変動の緩和等に寄与します。

協力地域地図

デリー高速輸送システム建設事業(フェーズ4)(第一期)の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • 過去のフェーズで建設したCentral Secretariat駅(写真提供:デリーメトロ公社) 

  • ホームの様子(1)(写真提供:デリーメトロ公社) 

  • ホームの様子(2)(写真提供:デリーメトロ公社) 

  • 車内の様子(写真提供:デリーメトロ公社) 

  • 工事現場の様子(1)(写真提供:デリーメトロ公社) 

  • 工事現場の様子(2)(写真提供:デリーメトロ公社) 

関連情報