デリー高速輸送システム建設事業(1)

(DELHI MASS RAPID TRANSPORT SYSTEM PROJECT)

【写真】プロジェクトの様子

国名
インド [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
借款契約(L/A)調印
1997年2月
事業
有償資金協力
借款契約額
147.60億円
課題
運輸交通

プロジェクトの紹介

インドの首都デリーでは、人口の倍増と急速な自家用車・バスの普及により、慢性的な渋滞や排気ガスによる大気汚染が深刻化していました。交通混雑の緩和と公害の減少を図るために、郊外と市中心部を結ぶ公共交通機関の整備が急務となっていました。この協力(第1期)では、同市に地下鉄および高架鉄道3路線(約58.6キロメートル)の建設を支援しました。これらの路線は2006年11月に全線開業し、以降も順調に拡大整備が進んでおり、交通混雑の緩和と交通公害減少を通じた都市環境の改善に寄与しました。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報