デリー高速輸送システム建設事業フェーズ3

Delhi Mass Rapid Transport System Project Phase 3

国名
インド
事業
有償資金協力
課題
運輸交通
借款契約(L/A)調印
2012年3月
借款契約額
1279.17億円

プロジェクト紹介

インドのデリーでは激化する交通渋滞の緩和および自動車公害対策のために、1997年以降日本の協力のもと、市中心部から放射線状に伸びる高速鉄道路線網の整備を進めてきました。この協力(フェーズ3)では主に内環状線および外環状線を整備し、デリーメトロのさらなるネットワーク化を支援します。これにより、約1,117万人の通勤・通学人口を抱えるデリー首都圏の大部分をカバーする交通ネットワークが構築されます。この協力は日本の省エネルギー技術を導入しており、クリーン開発メカニズム・プロジェクトとして登録される予定です。

協力地域地図

デリー高速輸送システム建設事業フェーズ3の協力地域の地図

事業評価

協力現場の写真

  • フェーズ1〜2で建設されたデリーメトロ。(写真提供:船尾 修) 

  • プラットホーム(写真提供:船尾 修) 

  • ラッシュアワーの様子(写真提供:船尾 修) 

  • デリーメトロの改札口(写真提供:船尾 修) 

  • デリーメトロの改札口(写真提供:船尾 修) 

関連情報