母子保健サービス改善プロジェクトフェーズ3

セネガルでは妊産婦死亡率や5歳未満児死亡率が持続可能な開発目標(SDGs)の目標値と大きな隔たりがあり、母子保健状況の改善は依然として大きな課題です。プロジェクトでは、「妊産婦・新生児が尊重されたケア」について、1)全国展開の加速化に関する保健省の能力強化、2)直接介入州内の展開に関する州医務局の調整能力強化、3)直接介入州の病院の実践・教育に関する能力強化を実施することにより、「妊産婦・新生児が尊重されたケア」の全国普及を図り、セネガルの妊産婦及び新生児の死亡の低減に貢献します。

更新情報

2021年5月11日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2021年3月22日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2021年2月26日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2021年2月10日
ニューズレター」を更新しました。
2021年1月20日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
セネガル
課題:
保健医療
署名日:
2019年6月19日
協力期間:
2019年10月30日から2024年10月29日
相手国機関名:
保健社会活動省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。