市場志向型農業振興プロジェクト

 英語

ジンバブエ政府は灌漑ができる土地をもつ小規模農家に穀物や園芸作物の生産量増加の支援を行っていますが、適切な販売先の確保や栽培作物・収穫時期の集中を原因とした生産量過多による価格暴落など様々な課題に直面しています。そのような状況下で日本、ケニア、マラウイでSHEP研修を受けたジンバブエ行政官の活動によりSHEPモデル事業が徐々に軌道に乗ってきたことから、SHEPアプローチを同国内に更に広める要望がありました。この協力では、農家の自律性および普及員の指導能力を向上させることにより、指導を受けた小規模農家による市場志向型農業の実践を図り、農家の所得向上に寄与します。

更新情報

2021年10月19日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2021年6月4日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2021年5月12日
プロジェクトニュース」を更新しました。
2021年4月14日
プロジェクト概要」を更新しました。
2021年2月12日
プロジェクトニュース」を更新しました。
対象国:
ジンバブエ
課題:
農業開発/農村開発
署名日:
2018年10月18日
協力期間:
2019年3月12日から2024年3月11日
相手国機関名:
土地・農業・水・地方再定住省

ODA見える化サイト

この案件の関連情報を、ODA見える化サイトでもご覧いただくことができます。