JICA海外協力隊グローカルプログラム(派遣前型)
~国内の地域活性化にも貢献したい方のための派遣前実習制度~

JICAボランティア事業では、隊員の皆様の帰国後の活躍支援やボランティア経験の社会還元の促進にも取り組んでいます。その一環として、帰国後も日本国内の地域が抱える課題解決に取り組む意思を有するJICA海外協力隊合格者に対し、自治体等が実施する地域活性化、地方創生等の取組みにOJTとしての参加機会を提供する「グローカルプログラム(派遣前型)」を開始しました。実習は合格発表後、訓練所での派遣前訓練開始前の期間で行い、日本国内の地域活性化の取組みを知る事で、海外での協力活動においても有益な実務経験や知見を得ることも期待されます。

1. プログラムの目的

  1. (1)自治体・団体等の実施する地方創生等、国内課題解決に資する活動に参加することで、国内の地域活性化に関する知識と経験を習得する。
  2. (2)途上国に派遣中の活動に必要なコミュニケーション能力や、計画策定から実施、モニタリング、評価に至るPDCAサイクルの実践経験を積む。

2. 対象者

JICA海外協力隊合格者のうち、本プログラムへの参加を希望し、下の3.の要件を満たす者。
なお、特別な理由がない限り現職参加者の参加はできません。

3. 応募要件

  1. (1)日本の地域が抱える課題解決に将来に亘り取り組む意志を有している者
  2. (2)JICAが指定する場所での活動に専念できる者
  3. (3)上記以外の応募資格要件は、協力隊等と同一
    ※ただし、受入れ先からの受入れ条件(年齢、職種等)がある場合があります。

4. 主な実習受入れ先

主な実習受入れ先と現時点で想定される実習内容は下のとおりです。なお、実習受入れ先や実習の内容は、随時追加や変更の可能性があります。

自治体 受入れ機関 受入地域・機関の概要 想定される訓練内容
岩手県釜石市 ㈱パソナ東北創生(釜石市まちの人事部事業管理・マネジメント)
  1. ①釜石市オープンシティ推進室事業
  2. ②(一社)釜石シーウェイブスRFC
  3. ③(一社)根浜MIND
  4. ④㈱かまいしDMC

※受入れ機関は今後多少の変更の可能性があります。
「鉄と魚とラグビーのまち」である釜石市は3.11東日本大震災被災後、「撓(たわ)まず、屈せず」をいち早く掲げて住民合意形成を重視した復興まちづくりを推進し、外部の力や知恵を借りながら協働していく「釜石市オープンシティ戦略」を旗印に、「復興」から「地域課題解決」へと積極的な地域づくりの取り組みを実践してきた。多くのローカルベンチャー育成支援を行ってきたほか、現在では、行政型地域おこし協力隊、起業型地域おこし協力隊、担い手型地域おこし協力隊など、多くの「よそ者」人材が、地場産業の担い手、起業挑戦、高校教育魅力化推進などの分野で活躍している。㈱パソナ東北創生は、地域をひとつの大きな企業体として捉えた釜石市の「まちの人事部事業」における兼業・副業・プロボノによる地場企業支援のマネジメントを担っており、「よそ者」と地域の企業、団体等との橋渡し役となっていることから、釜石市における本グローカルプログラムの受け入れ調整や受入れ後のマネジメントを行う。
  1. (1)釜石市オープンシティ推進室でのオリエンテーション :
    1. ①近代製鉄発祥の地として日本経済を牽引した歴史、
    2. ②3.11被災後の住民合意形成を重視した復興まちづくり、
    3. ③まちを開いて市内外の良質な交流を促し、地域でアクティブに活躍する「活動人口」や外から一緒に地域課題解決を考えてくれる「つながり人口」と生む「釜石市オープンシティ戦略」(釜石市総合戦略)の理解
  2. (2)受け入れ機関や想定される活動(一例:釜石市でのOJT志願者のご経験、ご関心、強味等をもとにヒアリングを行ってOJT設定していきます)
    1. ①(一社)釜石シーウェイブスRFCの広報活動、ラグビーを通じた地域の中高生育成、域貢献活動の支援、発信
    2. ②防災・減災事業、特産品開発事業、交流促進事業を行う(一社)根浜MINDが実施するインドネシア・アチェとの共同防災プロジェクトにおける情報発信等のサポート活動
    3. ③旅行マーケティング、地域商社、地域創生の事業を担う、観光地域づくり法人(DMO:Destination Management Organisation)である、株式会社かまいしDMCでの地域活性化活動支援
    4. ④高校教育魅力化の取り組みを通じた、地域を担う次世代である高校生の教育・キャリア支援事業等、釜石市オープンシティ推進室が実施する事業の支援
  3. (3)釜石地域で活躍する様々な企業・団体等関係者とのネットワーク形成、ロールモデル発見
岩手県陸前高田市
  1. ①(特非)まちづくり協働センター
  2. ②(一社)トナリノ
  3. ③(特非)SET
  4. ④陸前高田しみんエネルギー(株)
  5. ⑤(合会)ぶらり気仙
  6. ⑥陸前高田ほんまる㈱

※受入れ機関は今後多少の変更の可能性があります。
陸前高田市は、岩手県東南端の三陸海岸に位置する人口約18,600人のまちで、東日本大震災で壊滅的な被害を受けたが、「奇跡の一本松」をシンボルに国内外から多くの支援を頂き復興を進めてきた。震災後10年を迎え、復興祈念公園や発酵パークCAMOCY、オーガニックランドなど被災地だからこそ「命と健康を大切にするまち」、そして「ノーマライゼーションという言葉のいらないまち」として誰もが活躍できるまちとしてSDGs未来都市にもなり、多くの社会起業家やNPOにより持続可能な地域づくりのための様々な事業が展開されている。
  1. (1) 市でのオリエンテーション:陸前高田の地域課題、地域おこし活動、地方行政の仕組み等
  2. (2) 受入れ機関(①~⑥のいずれか)でのインターンシップを通じた地域課題解決に向けた活動、地域コミュニティとの関係形成
    1. ①地元で語り継がれる民話や昔遊び、おやつ等を伝える教科書、地域づくりツール(ゲーム等)の作成
    2. ②子どもたちや高齢者向けのIT教室、eスポーツイベントの実施
    3. ③広田地区の漁業・農業によるコミュニティビジネス支援、同地区での都会人材育成プログラムの実施
    4. ④地域電力のPR、地場産品を推進する飲食店PR、市民向け地産地消広報活動、グリーンスローモビリティ事業の運営
    5. ⑤広田湾における海中熟成酒体験事業、地元事業者連携による商品開発・PR事業
    6. ⑥中心市街地での マルシェ・イベント企画運営補助、建築とアートを切り口にした情報発信、地域で見守る子育て支援企画運営
  3. (3) 地元関係者及び訓練生相互の経験・学び共有、ネットワーク形成
宮城県岩沼市 JOCA東北 宮城県岩沼市では、東日本大震災発災直後から青年海外協力隊の経験者が支援活動を開始し、その後、仮設住宅の見守り支援、集団移転先でのコミュニティ形成支援活動等を実施してきた。震災から10年が経過した2021年3月、復興から創生へと進む一歩として、JOCAと岩沼市が地方創生の連携事業として、東北拠点(地域複合拠点施設)をオープン。沿岸部の被災地区を活用した交流事業、集団移転先のコミュニティ形成支援、新拠点複合施設での福祉サービスやコミュニティ支援活動を通じ、地域づくり活動を複合的に実施している。
  1. (1) 複合拠点施設内の保育施設におけるプログラム企画、提供、運営支援
  2. (2) 同施設内の交流施設(温泉・飲食・ウェルネスジム)における事業企画、運営補助(接客、調理等)
  3. (3) 同施設等における福祉事業(高齢者・障がい者)のレクリエーション、介護業務補助
  4. (4) 集団移転地区におけるコミュニティ支援活動(見守り、イベントの企画運営)
  5. (5) 津波浸水地区を活用した農園、牧場、青空市場等での運営補助、イベント企画・運営)
  6. (6) 岩沼生涯協力隊(住民参画の地域づくり)の運営補助、企画運営
石川県輪島市 佛子園(輪島KABULET)
輪島KABULETプロジェクトは、子どもから高齢者、障がい、国籍に関わらず地域に暮らすすべての人が活躍するまちづくりを目指し、平成26年度に内閣府まち・ひと・しごと創生本部が全国に先駆け「生涯活躍のまち」(※)先行7モデルの一つとして採択。青年海外協力隊経験者が多数移住し、彼らが中心となり輪島市中心部に点在する空き家や空き地を活用して地域の交流拠点としながら、高齢者支援、障がい者支援、子育て支援を核としてまちづくりに取り組んでいる。
※「生涯活躍のまち」: https://www.chisou.go.jp/sousei/about/ccrc/index.html
  1. (1) 要援護高齢者の生活ニーズ聴取と生活必需品の購入代行の仕組みづくり
  2. (2) 漆の里・生涯活躍のまちづくりプロジェクトの支援
  3. (3) 石川県産業創出機構・輪島商工会議所の事業承継の取組み支援
  4. (4) 体験型のプログラムの立案
長野県駒ケ根市 JOCA駒ケ根 長野県駒ケ根市は、青年海外協力隊派遣前訓練を行う訓練所がある場所で、市として、青年海外協力隊と連携した地域づくりが進められてきた。平成30年より、帰国隊員で組織するJOCA本部が東京から駒ケ根市に移転したことをきっかけに、JOCAと駒ケ根市が連携し、少子高齢化や中心市街地の空洞化が進む同市の活性化を目的とした「生涯活躍のまち」づくりに取り組み、中心市街地でのコミュニティスペースの運営、商店街活性化、健康増進事業等を実施している。
  1. (1) 市民交流施設「ぱとな」の利用活性化に向けた企画、運営
  2. (2) 中心市街地商店街活性化を目的とした「こまがねテラス」事業の運営支援、事業企画・運営
  3. (3) 市内小中高生を対象としたSDGsや地域理解の交流プログラムの運営補助、企画・運営
  4. (4) 地域住民の健康増進を目的とした「こまがね健康ステーション(保健指導、運動指導、栄養指導、運動機会拡大等)の運営補助、イベント企画・運営
鳥取県南部町 JOCA南部 鳥取県南部町では、平成28年に「生涯活躍のまち」づくりに関する地域再生計画を策定。人口減少、少子高齢化の時代に対応するため、新たな人の流れをつくる取り組みが進められている。平成29年には鳥取県、南部町、JOCAで「生涯活躍のまち」づくりの連携協定を締結、以降、青年海外協力隊経験者等が南部町に移住し、地域づくり事業に取り組んでいる。これまで、中心地域におけるコミュニティ拠店形成や子どもの見守り活動、多文化共生のイベント等を実施してきており、現在は、地域内の交流施設の運営、障が者支援活動等を行いながら、令和4年に予定されている地域交流拠点の開設に向けた準備事業を実施している。
  1. (1) 地域住民向けの加工センターの運営支援、同センター内コミュニティカフェでの接客、イベント企画・運営
  2. (2) 放課後児童クラブ、放課後等デイサービス(障害児支援)の支援員サポート、イベント企画・運営
  3. (3) 新拠点建設予定地域におけるコミュニティカフェでの接客、コミュニティ活性化のイベント企画・運営
  4. (4) JOCA南部で実施する障害者支援(就労支援)事業の支援員サポート
  5. (5) 地域向け交流イベント等の企画・運営
島根県海士町 海士町役場 島根県・隠岐諸島の中ノ島にある海士町は、かつて過疎化と財政危機に直面していたが、「ないものはない(①ないものは無くても良い、②大事なことはすべてここにある、の2重の意味)」をモットーに、「よそ者」も受入れた活力あふれるコミュニティーづくりをすすめ、日本の地方創生のトップランナーとなっている。
  1. (1) 海士町立小学校2校の教員と連携しながら、学校現場での課題解決に取り組む。
  2. (2) 地域版RESAS(地域経済分析システム)の分析結果を元に、保健医療:医療系・福祉系の業務改善を行う。
  3. (3) コミュニティスペースとして整備されている4施設において、町民同士の交流を目的とした活動の活発化に取り組む。
  4. (4) 海士町の特産品などを利用したお土産の企画・提案。
  5. (5) 放課後児童クラブにおける学習支援、体験活動、交流活動などの多様なプログラムの企画運営。
  6. (6) 通級指導教室の活用および療育相談会での交流活動など、発達支援分野における課題解決に取り組む。
  7. (7) 第一次産業等を通した地域活性化、課題解決等に関連するイベントの企画提案・運営。
広島県安芸太田町 JOCA×3 広島県安芸太田町は、人口6,000人、高齢化率50%を超える中山間地で、人口減少・少子高齢化の影響を大きく受けるなか、持続可能な地域づくりにつながる地方創生事業として、「生涯活躍のまち」づくりに取り組んでいる。JOCA×3は、このプロジェクトの実施団体として、平成28年より、青年海外協力隊の帰国隊員等が移住し地域づくりに取り組んできた。令和2年8月には地域交流拠点施設(温泉、食堂、福祉サービス)を開設し、地域力を高めるための様々な取り組みを実施している。
  1. (1) 加計地区サポート拠点「月ヶ瀬温泉・やぶ月」(温泉、食事処、売店、集会所を持つ複合施設)での調理や接客の支援、イベント企画・運営
  2. (2) 高齢者見守りのための 配食事業における調理や配食の補助
  3. (3) 地元小中高生を対象とした人材育成事業の企画、運営
熊本県球磨地域(人吉市、球磨村等)、八代市、芦北町、玉東町 熊本県の地域振興局、
各市町村役場等
日本三大急流の一つである球磨川及びその支流域は、令和2年7月豪雨により、特に人吉市及び球磨地域、八代市坂本町、葦北郡芦北町で甚大な被害を受けた。県や各自治体は全力で復旧作業に取組み、関係者が一丸となり創造的復興を目指している。この復興計画では、被災をきっかけに「くらし・コミュニティの再生」「産業・経済の再生」「社会基盤・防災の再生」をみんなの手で作り上げるべく、JICA海外協力隊とともに町を盛上げることに期待している。さらに、被災の有無にかかわらず、県北の玉東町では、これからの日本を支える「地方創生」を見据え、少子高齢化や中小企業の国際化の課題を、より良い方向へ導くため、これからの時代の町づくりを目指す。
  1. (1)人吉市における「農村レストラン&農泊ひまわり亭」を中心に、「高齢になっても生涯現役で生き甲斐を持って働ける場づくり」「地元の伝統的な食文化の継承」「『食』と『命』をテーマとした実践の場の確立」の支援を行う。
  2. (2)球磨郡多良木町のたらぎ財団で「Challenge for Change」の実現を目指し、ともに活動する。
  3. (3)球磨郡湯前町において、まんが資料館、観光施設湯楽里グリーンパレスを通して「人と自然と歴史が調和し、未来を創造する町」に協力する。
  4. (4)令和2年の豪雨で地域全体が水没した人吉市大柿地区で、もう一度自治会を盛上げ、地域に活力を取戻す支援を行う。
  5. (5)被災した八代市坂本町の復興商店街や道の駅、農業法人の活動の支援を行う。
  6. (6)温泉、食べ物、歴史と数多くの魅力を持つ芦北町において、「御立岬公園」のマリンスポーツ、キャンプ場、温泉センター、お土産等のレジャーを1施設に凝縮した公園の総合開発支援に協力する。
  7. (7)県北にある小さな箱庭のような町、玉東町で、伝統工芸、ふれあいの丘交流センター、木ノ葉山、駅前施設を中心に地域振興を実現する。

これらは2022年2月現在の案件の一部であり、参加者の方による実際の視察後、活動への提案等を行い、住民のオーナーシップを尊重し、立案・実施、町づくりを一緒に進めていくこともできる。

5. 実習期間

原則として3か月程度(海外派遣時期や、実習先によって異なります。)

6. 実施時期(予定)

JICA海外協力隊に合格後、訓練所での集合型の派遣前訓練開始前の期間に実施します。

※時期は変更になることがあります。
※グローカルプログラムの参加を理由にして、合格通知で指定した隊次の変更はできません。

7. 応募及び実習先決定の方法

  1. (1)JICA海外協力隊2022年春募集のウェブ応募の際、グローカルプログラムへの参加希望確認を行います。ウェブ応募が完了すると、「グローカルプログラム参加意向確認」の画面が現れますので、応募を希望する方は、参加希望にチェックをお願いします。
  2. (2)JICA海外協力隊の選考結果発表後、合格者のうち、上記(1)でグローカルプログラムへの参加を希望した方に対しては、本人希望も踏まえて協力隊事務局が実習先と実習期間を提示します。
  3. (3)合格者本人及び実習先の自治体・団体の双方に提示内容に合意いただいた上で、実習先と実習期間を決定します。

8. プログラム参加中の処遇等

  1. (1)実習生は、青年海外協力隊事務局と合意書を締結の上、JICA海外協力隊候補者として実習に参加いただきます。プログラム参加期間中は、合意書の内容を順守いただくようお願いします。
  2. (2)JICA規程に基づき、プログラム参加中の旅費、宿泊費、手当等を支給します。
  3. (3)実習中に実習の活動に起因して実習生に生じた傷病にかかる治療費等(各人の保険適用後の3割分治療費および通院に係る交通費)は、JICAの災害補償制度により補償されます。ただし、実習の活動に起因しない傷病の治療費等は個人負担となります。なお、活動中・活動外にかかわらず、訓練期間における死亡または高度障害を負った場合は、国際協力共済会の補償制度が適用されます。

9. 備考

  1. (1)本プログラムへの参加は任意です。参加によって今後の海外での協力活動や帰国後の社会還元に有益な知見を得ることが期待されますが、参加しないことによる不利益はありません。
  2. (2)個人的な事情で国内実習を中止した場合や、国内実習受講後にJICA海外協力隊としての派遣を辞退した場合、それまでに要した経費の返還を求めることがあります。
  3. (3)国内長期実習中に所定の実習成果が得られない場合や、合意書に反する行為があった場合等は、JICAの判断で国内実習を取りやめる場合があります。
  4. (4)天災や感染症拡大等の予見できない理由で、予定していたグローカルプログラムが中止又は内容(実施時期や期間を含む)の変更となった場合、JICAは一切の補償等は行えませんので、ご了承ください。

【グローカルプログラム参加者の声】

これまでグローカルプログラムに参加した方々からの体験談をお届けします。

2021年度1次隊 マダガスカル派遣予定(コミュニティ開発)中里大介さん

私は2022年1月から3月までの期間で岩手県陸前高田市にある陸前高田ほんまる(株)で活動しました。私は実習先が開催したイベントを通して出会った地元の産直のファン作りという目標のもと活動をさせて頂きました。この3ヶ月間の活動の中でグローカルプログラムに参加して良かったと感じたことはたくさんありますが、特に3つを挙げさせていただきます。

講師(採れたてランドの組合員)と参加者

講師(採れたてランドの組合員)と参加者

①実力がわかる
グローカルプログラム(以下:GP)では必ずしも自分の得意分野の中で研修するわけではありません。私は研修の中でほとんど経験のない分野をやりました。GPの中で実力値がかなり測れたと思います。やったことがないので良いところ悪いところが出ましたが、悪いところが出てくると落ち込みますが前向きに捉えれば伸びしろです。やったことのないことに挑戦したからこそ見えてきたところだと思います。こういった修正点は私が活動していた3ヶ月間では直しきれないところもありましたが、次の課題として見えたというところは大きな収穫だと思います。

②課題発見能力、課題解決能力が鍛えられる
GPでは限られた期間の中で実際に課題を見つけて、目標達成にもっていくと言う流れを作るのが難しかかったと感じています。前向きに捉えれば課題発見までのスピードや課題解決の能力・スピードが鍛えられると思います。私の実習先では自分で見たもの感じたことの中から課題を自由に見つけてほしいという考えから、実習先から課題は与えられませんでした。そのため、活動目標は実習先と相談をしながら自分で決めました。海外派遣の際も活動は自分で見つけると聞いており、臨機応変に対応するという意味で陸前高田では良い経験をさせて頂いたなと感じました。

産直の生産者農家を訪問し、インタビューしている様子

産直の生産者農家を訪問し、インタビューしている様子

また、もう一つ良かったと思うことは必ずしも全てが揃っている訳ではないということです。陸前高田では揃えられないもの、難しいことがありました。これは実際の派遣前の良いトレーニングになったと思います。GPで私は工夫一つで如何様にもなると学びました。その限られた中でどう解決していくかを考えていくのもGPの一つの面白さだと感じました。

③たくさんの出会いがある
私はGPでたくさんの方と出会いました。陸前高田では地域を盛り上げようと高い意識を持って活動されている方がたくさんいました。そんな方に出会い、その人の考えに触れることで自分の考え方を見直す良いきっかけになりました。また、自分と同世代の人たちとも出会い、陸前高田を盛り上げようと頑張っている姿を見られたことは本当に刺激になりました。陸前高田を離れても連絡を取り合える仲間ができたのは言葉では言い尽くせないくらい嬉しいことです。私にとっては本当に掛け替えのない出逢いの一つとなりました。

2021年度1次隊 カメルーン派遣予定(幼児教育)北川奈々さん

私は2022年1月から3月末まで、島根県の海士町でグローカルプログラムに参加しました。受け入れ先のぶどう畑では、畑の作業を中心に島民参加のイベントの企画運営を行い、その中で、事業管理の視点や考え方を実践的に学ばせていただきました。受け入れ先の方も任国での活動に活かせるようにと、活動内容を一緒に考えて下さったのは本当にありがたかったです。
私は幼児教育が専門で、島での保育には関心がありました。しかし、海士町でしかできないこと、海士町にまた帰ってきたいと思える活動、任国に行ったら必要になるスキルを身につけたいと考えて、ぶどう畑での活動にしました。

ぶどう園での一コマ、皆で自然に優しいハデ作りに挑戦しました

ぶどう園での一コマ、皆で自然に優しいハデ作りに挑戦しました

主な活動内容として、①プロジェクト管理を実践的に学ぶ、②畑作業を手伝ってくれる方を集めるためのイベントの企画運営実施、③オンラインでの企画実施に目標を決めて活動を行いました。

たった3ヶ月という短い期間でしたが、活動では地域との繋がりが作れたこと、プロジェクト管理を実践的に学べたことが大きな成果となりました。また、海士町には協力隊経験者が多かったので、派遣前訓練の話や任国での活動について話ができたことも今後訓練を経て任国で活動に当たる私にとって有意義な時間となりました。

グローカルプログラムに参加していなければ、海士町について何も知らなかったと思います。また地方創生についても自分で考えることはなかったのではないかと思います。
地域活性化や地方創生について考えれば考えるほど、東京で生まれ育った私は都心が豊かそうに見えるだけで、本当の意味で豊かとは言えないのではないかと思いました。地方には地方の、都心には都心の課題(人との関わり、繋がり)があると思い、その両方の視点は頭に入れておきたいです。それは、都心で生まれ育った私にしかできないことかなと思います。

離島の日、カメルーン国旗の色のテープを準備して沢山の方々が見送りに来てくれました

離島の日、カメルーン国旗の色のテープを準備して沢山の方々が見送りに来てくれました

帰国後のことはまだ決めていませんが、地方創生に携わるような活動もしたいと思えるようになったのはグローカルプログラムに参加し、海士町で活動したからだと思います。
海士町で学んだ、プロジェクト管理や課題や目標に向かうためのアプローチ、地域との関わりや信頼関係の構築などは、任国に行っても必ず役に立つと感じています。
また、今後とも海士町との繋がりを持ち続けていきたいと考えています。そのためにカメルーンでの派遣期間中、何らかの形で海士町の子ども達とオンラインで交流したいと考えています。
この3ヶ月で経験したことを任国に活かし、繋がりを大切にしていきたいです。