訓練所ってどんなところ?

JICA海外協力隊派遣前訓練とは

派遣前のJICA海外協力隊は70日間、合宿制の訓練を実施しています。
訓練の内容は、JICA海外協力隊の3つの目的である異文化社会の相互理解の基本理念を習得でき、任国での活動に必要な知識や技能を講座、演習形式で学び、語学は少人数クラスで集中研修を行っています。

開発途上国の経済・社会の発展、復興への寄与 開発途上国の経済・社会の発展、復興への寄与 開発途上国の経済・社会の発展、復興への寄与

訓練所で学ぶコト

語学訓練
訓練の約6割を占めるのは語学。1クラスは4人から6人と少人数。話すことに重点を置いた実践的な訓練が行われます。
安全管理
テロなどを想定した安全管理の訓練も必須。武装勢力に襲われた場合の対処法を学ぶ訓練には緊張感があります。
国際理解
派遣国研究や異文化適応などの授業もあります。写真は世界の富の不平等を学ぶワークショップの様子。
地域実践
派遣後、即戦力として活動できるように、街に出て市民にインタビューして課題を見つけ、改善策を提案する実践的な訓練です。

訓練所の場所

駒ヶ根訓練所

長野県駒ヶ根市赤穂15

駒ヶ根訓練所は、志を抱いた訓練生たちの熱気があふれるパワースポットです。ベテラン講師による短期集中型の充実した語学学習は他では得られません。協力隊経験のあるスタッフが親身にサポートします。そして年齢もバックグラウンドも様々な同期の仲間との絆は一生の宝物になることでしょう。2万人の先輩が学んだ駒ヶ根訓練所で、あなたもJICA海外協力隊にチャレンジしてみませんか。

駒ヶ根青年海外協力隊訓練所長 清水 勉

二本松訓練所

福島県二本松市永田字長坂4-2

協力隊の訓練は既に50年以上の歴史があります。こうした経験を踏まえ、皆さんが協力隊員として現地で充実した活動ができるよう、多彩なプログラムを用意していますので安心してご参加ください。皆さんに「途上国の人々のために役に立ちたい」という強い想いがある限り、私たち訓練所スタッフも応援していきたいと思います。

二本松青年海外協力隊訓練所長 富安 誠司

訓練のプログラムの概要

駒ヶ根訓練所(一例)

1.語学訓練
任地での活動に必要不可欠な水準の語学力を身につけます。
<学習言語>
英語・スペイン語・フランス語・ポルトガル語・ネパール語・ロシア語・ウズベク語・キルギス語・タミル語・ヒンディー語など
(注)隊次によって該当言語の訓練を実施しない場合があります。
(注)訓練所によって学習言語が異なります。
2.JICA海外協力隊の基礎
JICA事業概要、国際関係と日本の国際協力、チームビルディング、帰国後の進路と社会還元、国際協力人材セミナーなど
3.活動手法
協力活動(地域実践)、活動管理手法、プロジェクトマネジメント、コミュニケーションの基礎、ファシリテーションの基礎、協力活動手法、JICA海外協力隊活動セミナー
4.社会的多様性理解・活用
経済格差に係る疑似体験アクティビティ、異文化体験演習、任国事情など
5.健康・安全管理
任国での健康管理、救急法、感染症、婦人科、海外における交通安全、安全対策など
6.各種オリエンテーション
各種オリエンテーション
注)いくつかの講座は公開講座として、一般の皆様の聴講も可能です。
<訓練・訓練所に関わるお問い合わせ先>
JICA駒ヶ根 E-MAIL:jicakjv-jocv@jica.go.jp
TEL:0265-82-6151
JICA二本松 E-MAIL:jicanjv-bk@jica.go.jp
TEL:0243-24-3200
 

派遣前訓練紹介動画

より詳しい訓練の内容を知りたい方は、こちら

訓練所での生活

1日の流れ(一例)

  1. 7時10分

    朝食

  2. 8時10分

    朝の集い

    点呼・国旗掲揚・事務連絡等を行います。

  3. 8時45分

    語学訓練

    派遣国で活動するために必要となる語学の
    基礎的知識と実践力を身に付けます。
    ベテラン講師による少人数クラス制で学びます。

  4. 11時40分

    昼食

    日替わり料理を食べられます
    (世界各国のランチの日もあります)。

  5. 13時

    語学訓練

  6. 15時

    各種講座

    多種多様な講座を受講することで、派遣国で活動する際に必要な手法等を学びます(例: 目標管理概論、調査手法、救急法、海外における安全対策、任国研究、地域実践)。

  7. 18時

    夕食

  8. 19時

    語学自習・自主講座等

    自主講座では、訓練生が講座の実施者もしくは参加者になることで、講座の組み立て方等を学びます。

  9. 23時

    消灯

休みの日の過ごし方

市内に買い出しに出たり、周辺の自然を満喫したりすることができます。また、訓練の一環で関わりを持った地域に住む方々と一緒に過ごすという人もいます。

訓練生から応募する方へのメッセージ

過去訓練生であった2名のインタビューをご紹介します。

講師の声

二本松訓練所

スワヒリ語インストラクター

エスタ・サムエル・カノマタ

みなさんこんにちは。
70日間の派遣前訓練はJICA海外協力隊員が任国での活動を成功させるためのプログラムです。その中の語学訓練では、経験豊富な語学講師が皆さんの学習をサポートします。語学教材は、協力隊の活動に適したものを使用しています。私たちは皆さんの目標や夢の実現を応援します。
唯一無二のプログラムに、是非参加してみてください。

駒ヶ根訓練所

語学訓練スーパーバイザー

石田卓立

語学授業は講義全体の3分の2を占め、基礎から実践的なプレゼンまで少人数クラスで学べます。初めて学ぶ言語は手ごわいですが、ベテランの語学講師は派遣国の文化紹介も交えて懇切丁寧に指導し、訓練生も高いモチベーションで楽しみながら70日間の語学学習に取り組んでいます。
このページをご覧になっている皆さん、最高の学習環境にある駒ヶ根訓練所で、派遣先の言葉を身に着けましょう!