世界の人びとのためのJICA基金

【画像】世界では、1日1ドル未満の生活を強いられている人びとが10億人以上にのぼります。毎年300万人の人びとがHIV/エイズで亡くなり、1100万人の子どもたちが5歳の誕生日を迎えられずに幼い命を落としています。

国際連合は、「持続可能な開発目標(SDGs)」を定め、この目標の実現に向けて、各国の政府、援助機関、NGOが一体となって取組んでいます。こうした中でJICAは、日本の政府開発援助(ODA)を担う機関として、その活動の基本に一人ひとりの命の尊厳や生活を守る「人間の安全保障」の視点を取り入れて、途上国の人びとが自国の問題を自ら解決する能力を身につけていけるよう支援しています。

「世界の人びとのためのJICA基金」では、寄附を通じて皆様方お一人おひとりに国際協力にご参加いただきながら、貧困や飢餓に苦しむ人びとを支援していきます。平和で豊かな世界の実現に向けともに貢献していただければ幸いです。皆様のご理解とご支援をお願いいたします。

【寄付を申し込む】

障害をお持ちの方で、当ホームページを通じてのご寄附が難しい場合は、フリーコールでのご案内も行っています。

0800-100-5931(受付時間:平日10:00から12:30、13:30から17:00)までご連絡下さい。