水道事業運営管理能力向上プロジェクト(MaWaSU 2)

(The Project for Improvement of Management Capacity of Water Supply Sector (MaWaSU 2))

【写真】プロジェクトの様子

国名
ラオス [協力地域地図(PDF)新しいウィンドウを開きます]
協力期間
2018年8月〜2023年5月
事業
技術協力
課題
水資源・防災

プロジェクトの紹介

ラオス政府は、2020年までに都市部人口の約8割に対して24時間安全な水を供給することを目標に掲げています。同国では、公共事業運輸省水道局が上水道事業の運営管理責任を担っているものの、首相令により運営はすべて都県に移され、全国に18存在する都県の水道公社に委ねられています。そのほとんどは経営基盤が脆弱で、設備投資・更新に必要な資金を他国の援助や民間資金に依存しており、また、民間による施設整備・運営に関しても、法制度や事業認可制度が未整備です。この協力では、水道行政の改善や水道公社の計画・実施能力、関係省局の審査・モニタリング・評価能力の強化、技術水準の整備を行い、水道公社の能力強化のために必要な基盤を整備します。

※各項目の説明や関連するJICAサイト内の情報については、ODA見える化サイトとはをご覧ください。

協力現場の様子

関連情報