水道事業運営管理能力向上プロジェクト(MaWaSU 2)

ラオス政府は、1999年に発令された首相令37において、2020年までに都市部に居住する人口の8割に対して24時間安全な水を供給することを目標に掲げている。「第8次国家社会経済開発5カ年計画(NSEDP)(2016-2020)」に基づく水道戦略においては、全国水道普及率の目標を2020年までに全人口の9割と定めているが、2015年の都市における水道普及率は64%にとどまっている。ラオスの水道事業は、公共事業運輸省(MPWT) 水道局(DWS)が上水道事業の運営管理責任を担っているものの、首相令により事業運営自体が全て都県に移管され、全国に18存在する都県の水道公社にその経営が委ねられている。<…

更新情報

8月8日
プロジェクトホームページを新規開設しました。
対象国:
ラオス
課題:
水資源・防災
署名日:
2017年12月26日
協力期間:
2018年5月21日から2023年5月20日
相手国機関名:
公共事業運輸省 水道局、ビエンチャン都・ルアンパバーン県・カムアン県の各水道公社及び公共事業運輸局、その他県の水道公社及び事業運輸局